早朝の白子の海    写真

昨日の早朝5時に、白子の海に写真撮影に行って来ました。
しかし・・・雨と風が・・・しかも凄い曇り。
それでも、せっかくなので、何枚か撮影。
白子の防波堤を見て、そういやマイケル・ケンナが、日本で防波堤を写していたなぁ・・・と思い出し、思いっ切り意識してみました。

白子海岸
夜明けの白子海岸 (K20Dで撮影)

写真展など    写真

最近、3つの写真展に行ってきました。

まずは、東京駅の近くのZEIT-FOTO SALONのマイケル・ケンナの写真展。
よくぞ捕らえたなって瞬間の写真がありましたよ。完璧すぎて、息を飲んだね。絶対に撮り直しは出来ない写真ですな。その写真は、45枚しかプリントしないんですわ。飾られていた写真は30番台後半の数字だったので、45万円してました・・・。番号が終盤になるほど、貴重な作品なので、高いんですって。お金があったら、欲しかったなぁ・・・その場で買おうとしてた人がいたし・・・羨ましい。ちなみに、その写真は、このページの写真ね。
http://www.zeit-foto.com/exhibition/kenna.html

マイケル・ケンナ写真集 レトロスペクティヴ2MICHAEL KENNA A TWENTY YEAR RETROSPECTIVE―マイケル・ケンナ写真集

んで、次は、東京ミッドタウンの富士フィルムスクエアの「写真で旅する世界遺産」
http://fujifilmsquare.jp/detail/09022701.html

ペンタックス関連で、以前からブログを見ていた写真家の相原さんの写真が展示されているので、それを目当てで行ってきました。オーストラリアのエアーズロックを撮影した「ウルル」という写真には、圧倒されちゃいました。

最後に、日本橋三越で開催していた「土門拳の昭和」という写真展。入って直ぐの昭和の子供の写真が、何とも言えない良い写真でした。子供の写真は楽しいな。他にも、大判カメラで撮った仏像の迫力がすさまじい。白い顔の仏像が写っている写真全体の色合いが素晴らしかった。今でも目に焼き付いてます。写真展を見た後に、三越で買った写真展の特集本の中に掲載されていた白い顔の仏像写真の色合いが、展示されていた写真とは全く違うんですよ(泣)。だから、実物のプリントを見られて良かったなぁ・・・と帰ってから、しみじみと思いました。

入り口でお出迎えしてくれた写真はこれです。▼
土門拳の昭和

土門拳 腕白小僧がいた (小学館文庫)土門拳の写真撮影入門―入魂のシャッター二十二条土門拳古寺巡禮古寺を訪ねて―東へ西へ (小学館文庫)名作写真館―小学館アーカイヴスベスト・ライブラリー (13) (小学館アーカイヴスベスト・ライブラリー)土門拳 風貌

土門拳記念館 http://www.domonken-kinenkan.jp/

写真展の帰りに、なんとなく写真を撮りたくなって、駅のホームで撮影しちゃいました。

東京駅のホーム (GR Digital 2で撮影)
東京駅のホーム (GR Digital 2で撮影)
新日本橋駅のホーム (GR Digtal 2で撮影)
新日本橋駅のホーム (GR Digtal 2で撮影)

中判カメラのフィルムフォルダーをGRで撮影    写真

中判カメラを触る機会がありましたので、GRで撮影しときました。すでに教えて貰ったことを忘れている・・・。フィルムフォルダーがSマークのときは、フィルムが入っていようが無かろうが、蓋を開けても良いと言われたような・・・。

ブローニーフィルムを装着
ブローニーフィルムを装着
フィルムの矢印を合わせましょう
フィルムの矢印を合わせましょう
マミヤRZのフィルムフォルダー
マミヤRZのフィルムフォルダー
ポラロイドを装着

ストロボにハニカム付けるとおもろい    写真

最近、スタジオにて、ストロボにハニカムを付けて撮影する機会がありました。
これが、めちゃくちゃ面白い!モデルさんにはまると、凄く格好良いんです。
写真では、暗い部屋の中でスポット光を当てているように見えますが、実際には普通に自然光の射す明るい部屋の中で撮影しているんです。K20Dのシンクロソケットと、ハニカム付きのストロボを繋げて撮影すると、こんな絵になりました。1/60というシャッタースピードと、絞りF14という値を見れば、分かって貰える・・・かな?

ハニカムは、簡易的なスポット光を得るためのストロボの前に付ける補助的機器です。
ハニカムは、こんなのです(サンスターのサイトに飛びます)。

下の写真は、K20D+DA18-55mmF3.5-5.6AL II+ハニカム付きのストロボで撮影

シャッタースピード1/60、絞りF14、ISO100+ハニカム付きストロボで撮影

ドコモN-01Aで撮影した写真と、リサイズした写真の画質比較    写真 , 雑記

ドコモN-01Aで撮影した写真をブログなどに投稿する際に、出来るだけ綺麗な画質の写真を使いたいですよね。そこで、240×360で撮影したものと、5Mの1944×2592で撮影した写真を、240×360にリサイズした写真を比較してみました。

明らかに大きく5Mで撮った後に、N-01Aにて小さくリサイズしたものの方が画質が良いですね。しかも、5Mからリサイズした画像は41.14KBで、8KB以上もファイル容量が小さい。

時計の文字盤を見ると、初めから240×360で撮影した写真の方が、明らかに文字が潰れていますね。だいぶ質感も違います。初めから240x320で撮影したものは、ガリガリしている。

この結果は他の5M以外のサイズからリサイズをすると、変わったりするのかな・・・。一番良いリサイズの方法が、あるかもしれません。私が愛用するペンタックスのデジタル一眼レフK20Dも、14.6MのCMOSサイズとの兼ね合いから、6Mでファインシャープネス+4にすると、最高の解像度感が得られるので、N-01Aでも同じような組み合わせがあったりして~?

というわけで、大きく撮影したものを、リサイズして使おうかな~と思いました。面倒くさくなって、携帯写真の画質なんて、どうでも良くなりそうな気もしますが・・・とりあえず、疑問を解決できてよかった^^

また、N-01Aでは、マイピクチャのカメラフォルダーにて、
「 画像の機能メニュー>iモードメール作成>画像添付、画像挿入、ブログ投稿 」
という流れで、メール送信とブログ投稿のために、大きい画像を縮小する事が出来ます。

  • メールに画像添付をする際のサイズ選択メニューの種類
    • そのまま添付
    • QVGA縮小添付(240×320)
    • VGA縮小添付(480×640)

480×640のサイズでも比較をしたかったのですが、手持ちの画像だと、同じ画角で比較をできませんでした。ですので、改めて別の被写体で撮影をし、比較をしてみます。ですので、今回は240×320のみなので、あしからず^^;

N-01Aで、QVGA 240×360のサイズで撮影した写真(49.93 KB )

N-01Aで、5M 1944×2592から、240×360にリサイズした写真(41.14KB)

5M 1944×2592で撮影したリサイズ前の写真

私がN-01A用に購入したトランセンドのmicroSDカード。
最速のClass6で4GBが約千円!めちゃくちゃ安い!
Transcend microSDHC CARD  4GB  Class 6(SD 2.0)

ドコモN-01A 各画像サイズごとの写真画質を比較    写真 , 雑記

N-01Aを縦に開いたスタイルで、同じ距離から時計を撮影してみました。指紋べったりの汚い時計です・・すんません。
以下を見ると分かりますが、640×480は縦でも横長の写真になります。また、液晶画面全体に表示するフルスクリーンの比率だと、被写体が拡大して撮影されます。CCDの両端をカットしているから、この画角になるのでしょう。
以下の各写真は、幅が300ピクセル以下になっています。このブログへのアップロード時に自動的に縮小化されたものなので、圧縮率などは分かりません。各画像をクリックすると、撮影した生データをご覧頂けます。

240×320や640×480は、無茶苦茶画質悪いです。近頃、全然携帯で写真を撮っていませんでしたが、こんなに汚かったっけ??とビックリ・・。大きいサイズで撮影して、それをPhotoshopなどで小さくすれば画質が良いかも。でも、それだと携帯からブログに投稿する利便性が失われてしまう・・・。となると、大きく撮影して、携帯で画像を小さくリサイズして、メールに添付する方法だと、どうなのか・・・後ほど検証してみます。GRデジタルも、小さいサイズで撮影すると、画質が悪いので、大きく撮影したものを小さくすると良いと聞いたので、たぶん、これで解決するかもしれません^^;

SubQCIF 128×96

QCIF 176×144

QVGA 240×320

VGA 640×480

フルスクリーン 480×845

2M 1212×1616

Full HD 1080×1920

3M 1536×2048

5M 1944×2592

私がN-01A用に購入したトランセンドのmicroSDカード。
最速のClass6で4GBが約千円!めちゃくちゃ安い!
Transcend microSDHC CARD  4GB  Class 6(SD 2.0)

デニーズでGR Digital 2    写真

以下は、デニーズで撮影したGR-Digital 2の写真
画像設定は、カスタマイズしたもので、
「コントラスト」と、「色の濃さ」を最大にしてあります。
標準の設定と比較出来るように撮影するべきだった…。
全て絞り解放F2.4で、マクロモードです。

ちなみに、デニーズは、デザートが100円ほど値下げされていました。

ブールーベリー黒酢ソーダ
ブルーベリー黒酢ソーダ
巨峰パフェ
巨峰パフェ
ブラウニー
ブラウニー
深煎りコーヒー
深煎りコーヒー
ミルクと砂糖
ミルクと砂糖

Pentax DA55-300mmF4-5.8ED + K20D の写真    写真

PENTAX DA 55-300mmF4-5.8ED(ケース・フード・キャップ付)DA55-300mmF4-5.8EDを入手したので、K20Dでさっそく使ってみました。
以下、全て三脚は使わず、手持ちでの撮影です。
望遠側は、ブレるので、すっごい撮影しにくかったです。
望遠レンズは、面倒くさがらず、ちゃんと三脚を使うべきですね(汗)。
画角を比べるために、壁のA4ポスターと、電柱を撮影してみました。
A4ポスターまでの距離は約2.5m。
うっちーの頭が良い感じで見切れてます(笑

55mmでA4ポスター(木更津キャッツアイ)。被写体まで約2.5m<br> Camera : K20D ( DA55-300mmF4-5.8ED )
55mmでA4ポスター(木更津キャッツアイ)撮影。被写体まで約2.5m
300mmでA4ポスター(木更津キャッツアイ)撮影。被写体まで約2.5m<br> Camera : K20D ( DA55-300mmF4-5.8ED )
300mmでA4ポスター(木更津キャッツアイ)撮影。被写体まで約2.5m

 

55mmで電信柱を撮影<br> Camera : K20D ( DA55-300mmF4-5.8ED )
55mmで電信柱を撮影
300mmで電信柱を撮影<br> Camera : K20D ( DA55-300mmF4-5.8ED )
300mmで電信柱を撮影
実家の仔猫。<br> 撮影日 : 2008/08/17 13:44<br> Camera : K20D ( DA55-300mmF4-5.8ED )<br> レンズ焦点距離 : 120mm<br> シャッタースピード : 1/15秒<br> 絞り値 : F5.6<br> 露出補正値 : +0.5EV<br> ISO : 100
120mmで実家の仔猫を撮影。
300mmで、鶏頭の花を撮影。画像仕上げ:雅。<br> 撮影日 : 2008/08/19 12:04<br> Camera : K20D ( DA55-300mmF4-5.8ED )<br> レンズ焦点距離 : 300mm<br> シャッタースピード : 1/45秒<br> 絞り値 : F5.8<br> 露出補正値 : +0.5EV<br> ISO : 100
300mmで、鶏頭の花を撮影。画像仕上げ:雅
300mmで、花と虫を撮影<br> 撮影日 : 2008/08/17 13:50<br> Camera : K20D ( DA55-300mmF4-5.8ED )<br> レンズ焦点距離 : 300mm<br> シャッタースピード : 1/125秒<br> 絞り値 : F5.8<br> 露出補正値 : +1.0EV<br> ISO:280
300mmで、花と虫を撮影。
窓の外を見つめる猫の黒助<br> 撮影日 : 2008/08/17 10:14<br> Camera : K20D ( DA55-300mmF4-5.8ED )<br> レンズ焦点距離 : 55mm<br> シャッタースピード : 1/20秒<br> 絞り値 : F5.6<br> 露出補正値 : +1.0EV<br> ISO : 100
窓の外を見つめる猫「黒助」

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K20D レンズキット(K20D+DA18-55II)PENTAX DA 55-300mmF4-5.8ED(ケース・フード・キャップ付)

K20DとFA35mmF2ALで撮影した写真    写真

K20D公式サイト

PENTAXのデジタル一眼レフカメラK20Dを導入しました。
PENTAXのデジタル一眼レフ初号機*istDに比べると、背面の液晶がデカくて見やすい!
今じゃ、これが当たり前なんですよね。
しかし、本体のサイズは、*istDの方が小さくて好きですね。
*istDのような小ささで、中身がK20D並の機種を出してくれたら、最高なんですが。

以下の写真は、K20Dに隠れスターレンズFA35mmF2ALを着けての撮影です。

事務所で転がるオカマ猫の黒助<br> 撮影日 : 2008/08/12 22:57<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
オカマ猫の黒助(絞り開放・シャッタースピード1/4秒、手振れ補正オン)
洗車中の車内から(モノクロ)<br> 撮影日 : 2008/08/13 9:20<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
洗車中の車内から(色モード:モノクロ)
街をきれいにしましょう<br> 撮影日 : 2008/08/13 9:42<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
街をきれいにしましょう(色モード:雅)
ジャームーの担々麺ランチセット<br> 撮影日 : 2008/08/14 12:11<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
ジャームーの担々麺ランチセット(色モード:雅)
夕闇と入道雲<br> 撮影日 : 2008/08/15 19:12<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
夕闇と入道雲(色モード:風景)
夕闇と入道雲の雷<br> 撮影日 : 2008/08/15 19:18<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
夕闇と入道雲の雷(撮影後に色モードを、モノクロから風景に変更)
夜空と入道雲<br> 撮影日 : 2008/08/15 19:26<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
夜空と入道雲(色モード:風景)

K20Dにある便利な機能をご紹介します。
K20Dは、ホワイトバランスや色モード(鮮やか、ナチュラル、人物、風景、雅(MIYABI)、モノクロ)を、撮影後でも変更できちゃうんです。
これは、最後の1枚だけに有効な機能ですので、ご注意を。
最後の1枚だけ、本体のキャッシュにRAWデータが残されているから、可能なんですって。

入道雲が雷でピカっている瞬間を、モノクロで撮影してしまったのですが、撮影後すぐに色モードを「風景」にして新規に保存しました。

せっかく良い瞬間を捕らえているのに、ホワイトバランスが駄目ってことも良くあったので、ホワイトバランスの変更でも大活躍してくれそうです。
これはRAWで撮影しとけば、解決しちゃうことなんですけど、やっぱりあると便利♪
これで、失敗写真が少なくなること、間違いなし…かな^^

本体内手ぶれ補正も、良い感じです。
猫の写真は、絞り開放のシャッタースピード1/4秒で撮影しましたが、手振れ無し!
1/4秒間、猫が動かなかったのも、ラッキー?

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K20D レンズキット(K20D+DA18-55II)PENTAX 広角 レンズ FA35mm F2AL FA35F2

山桃ジュース    お知らせ , 写真

私が収穫した山桃(やまもも)で、手作りされた山桃ジュースを、ジャームー(嘉木)で飲めます!来年は、一般の方向けにも山桃(ヤマモモ)を販売しますので、販売用のサイトも立ち上げる予定です。

山桃ジュース
ジャームー(嘉木)の山桃(やまもも)ジュース