K20DとFA35mmF2ALで撮影した写真    写真

K20D公式サイト

PENTAXのデジタル一眼レフカメラK20Dを導入しました。
PENTAXのデジタル一眼レフ初号機*istDに比べると、背面の液晶がデカくて見やすい!
今じゃ、これが当たり前なんですよね。
しかし、本体のサイズは、*istDの方が小さくて好きですね。
*istDのような小ささで、中身がK20D並の機種を出してくれたら、最高なんですが。

以下の写真は、K20Dに隠れスターレンズFA35mmF2ALを着けての撮影です。

事務所で転がるオカマ猫の黒助<br> 撮影日 : 2008/08/12 22:57<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
オカマ猫の黒助(絞り開放・シャッタースピード1/4秒、手振れ補正オン)
洗車中の車内から(モノクロ)<br> 撮影日 : 2008/08/13 9:20<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
洗車中の車内から(色モード:モノクロ)
街をきれいにしましょう<br> 撮影日 : 2008/08/13 9:42<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
街をきれいにしましょう(色モード:雅)
ジャームーの担々麺ランチセット<br> 撮影日 : 2008/08/14 12:11<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
ジャームーの担々麺ランチセット(色モード:雅)
夕闇と入道雲<br> 撮影日 : 2008/08/15 19:12<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
夕闇と入道雲(色モード:風景)
夕闇と入道雲の雷<br> 撮影日 : 2008/08/15 19:18<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
夕闇と入道雲の雷(撮影後に色モードを、モノクロから風景に変更)
夜空と入道雲<br> 撮影日 : 2008/08/15 19:26<br> Camera : K20D ( FA35mm F2AL )
夜空と入道雲(色モード:風景)

K20Dにある便利な機能をご紹介します。
K20Dは、ホワイトバランスや色モード(鮮やか、ナチュラル、人物、風景、雅(MIYABI)、モノクロ)を、撮影後でも変更できちゃうんです。
これは、最後の1枚だけに有効な機能ですので、ご注意を。
最後の1枚だけ、本体のキャッシュにRAWデータが残されているから、可能なんですって。

入道雲が雷でピカっている瞬間を、モノクロで撮影してしまったのですが、撮影後すぐに色モードを「風景」にして新規に保存しました。

せっかく良い瞬間を捕らえているのに、ホワイトバランスが駄目ってことも良くあったので、ホワイトバランスの変更でも大活躍してくれそうです。
これはRAWで撮影しとけば、解決しちゃうことなんですけど、やっぱりあると便利♪
これで、失敗写真が少なくなること、間違いなし…かな^^

本体内手ぶれ補正も、良い感じです。
猫の写真は、絞り開放のシャッタースピード1/4秒で撮影しましたが、手振れ無し!
1/4秒間、猫が動かなかったのも、ラッキー?

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K20D レンズキット(K20D+DA18-55II)PENTAX 広角 レンズ FA35mm F2AL FA35F2

トラックバック