D90では無く、K20D + DA55-300mmF4-5.8EDで映像制作    映像

Pentax K20DとDA55-300mmのレンズを使い、高速連写の写真を映像に変換してみました。1カット、素材をフレームのサイズに合わせるの忘れてるし(滝汗
その他、かなり適当に撮って作ったので、細かい突っ込みは無しで(汗

今回も、さくっと撮り、素材をそのままPremiereで並べて、さくっと映像(圧縮形式はH.264)として書き出しました。
ペンタのK20Dは、6秒間くらいしか、連続で撮影できませんが、これはこれで面白いです。
写真は一瞬を切り取る物ですが、6秒間の世界を連続写真で切り取ると考えれば、私的には全然有り。
でも、やっぱりペンタからも、ニコンのD90のような動画撮影できる機種を早急に出すべきだと思いますが!

また、前回のFA35mmは、手持ちで撮りましたが、さすがに300mmの望遠だと手振れが酷いので、今回は三脚ケーブルスイッチCS-205を使っています。(一部、ケーブルスイッチを使っていない物もあり)

愛犬のファニー(ラブMIXのメス)も出演しています。

ではでは、よかったら、参考程度にご覧下さい。

  • Pentax K20Dの高速連写撮影で、映像を制作
    http://eyevio.jp/movie/165288
    eyeVioのページでは、1280×720のハイビジョンサイズでご覧頂けます。

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K20D レンズキット(K20D+DA18-55II)PENTAX DA 55-300mmF4-5.8ED(ケース・フード・キャップ付)

トラックバック